長崎原爆の日

August 9, 2016

先のNewsに「広島原爆の日」の記事を掲載しましたが、今日9日は「長崎原爆の日」です。

広島より何となく印象に薄いのは、地理的に離れていたり、広島より被害が少なかったこともあるでしょうが、報道のあり方にも関係しているような気がします。

長崎は「人類史上最後の被爆地」

 

広島はウラン爆弾。長崎はプルトニウム爆弾です。

 

ドイツの戦争犯罪を裁いたニュルンベルク裁判の主席検事で米軍准将、テルフォード・テイラーは、「広島の是非については議論の余地がある。だが長崎を正当化するもっともらしい理由を聞いたことがない」と述べています。

原爆開発史や原爆投下の道程を研究しているスタンフォード大学のバートン・バーンスタイン教授は、「1発目の原爆投下の必要性をどのように考えるかはともかく、8月9日に長崎に落とされた2発目の原爆はほぼ間違いなく不必要なものだった」と言っています。(『核の戦後史』より)

 

 

 

人類の幸福のための科学が、政治によってかくも酷いことをなし得ることを忘れてはならないと思います。

 

 

Please reload

Featured Posts

福島先生退職

May 19, 2018

1/10
Please reload

Recent Posts

May 19, 2018

December 24, 2017

October 5, 2017

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us